石北線の北見峠越え

このあたりは白滝とつく駅が連続するので、最初から何となく惹かれる区間でした。

上川から遠軽は現在、路盤流出により不通ですが、この区間を少し調べて見ました。





この上川から遠軽に抜ける北見峠付近には昔、10駅あったようです。

当方が初めて行ったときには、中越上越両駅はありませんでしたが、それ以外は健在でした。


上川からの駅並びは、


上川

天幕(既に廃駅)

中越(既に廃駅)

上越(既に廃駅)

奥白滝(既に廃駅)

上白滝(来年廃駅予定)

白滝

旧白滝(来年廃駅予定)

下白滝(来年廃駅予定)

丸瀬布

瀬戸瀬

遠軽



となっていたようです。


現在のこの区間の駅並びを見てみます。



上川(特急停車駅)
↓ 34.0km(740円)
上白滝※
↓ 3.3km(210円)
白滝(特急停車駅/無人駅)
↓ 6.1km(230円)
旧白滝※
↓ 4.4km(210円)
下白滝※
↓ 9.2km(230円)
丸瀬布
↓ 7.8km(230円)
瀬戸瀬
↓ 11.1km(260円)
遠軽(特急停車駅)



※が今回廃駅とされる3駅


一区間で34kmになる上川~上白滝間は、これだけ廃駅になってしまうと仕方がありませんね。

でも白滝シリーズは何とか維持されています。



来年春、本当に廃駅になると、以下のような感じになります。



上川
↓ 37.3km(840円)
白滝
↓ 19.7km(360円)
丸瀬布
↓ 7.8km(230円)
瀬戸瀬
↓ 11.1km(260円)
遠軽



駅間距離が37.3kmになる区間が登場することになります。

そしてついに白滝シリーズは無くなりますね。

別に白滝村に何の縁もゆかりも無いのですが、何となく淋しくなるのは、遠方の人間の勝手でしょうか?



ちなみに大阪駅起点で同じくらいの距離になる駅を見てみると、京都側だと桂川駅、神戸側だと新長田駅くらいまで駅がないという感じになるようです。




廃駅にすればそのメンテ費用などが削れるんだと思いますが、トロッコ列車運転とかして途中駅も活用した観光路線にする方策などなかったのでしょうか?と思います。



白滝からは離れますが、石北本線の常紋トンネル近くでたまたま出てきたシマリスの写真です。

2005年秋の作です。


画像




石北線沿線、特に上川から北見の間というのは、人間よりも、こういった動物たちの楽園になりつつあるんでしょうね。




やっぱり淋しい限りです。



それでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント